【美容院での来るなサインとは?】美容師が敬遠するお客様の特徴

美容院での来るなサインはある?

この記事では、美容院で美容師が好ましくないお客様に向けて出す、
言葉ではない拒否のサインについてご紹介します。
通常、美容院では望まないお客様に対しては、その旨を直接伝えることが一般的です。
しかし、言葉で明確に拒否するわけではなくても、再びの来店を期待しないお客様へは、態度を通じて意思表示をする場合があります。

美容師が示す非歓迎のサインには、以下のようなものがあります:

  • 作業をアシスタントに任せがち
  • 会話が弾まない
  • 施術を早めに終了する

では、どのようなお客様がこれらのサインを受けるのでしょうか。
美容師が敬遠するお客様の特徴をお伝えします。

同時に、敬遠されないお客様の特徴もまとめていますので、最後まで読んでいただけると幸いです。

目次

美容師が敬遠するお客様: 美容院での不適切な振る舞いの特徴

ここでは、美容院で働く美容師が遭遇し、困惑するお客様の特性についてご紹介します。
最も問題とされるのは、威圧的で無理な要求をするお客様です。

美容師は顧客の髪を扱う重要な役割を担っており、そのためには顧客との協力関係と信頼が欠かせません。
美容師は顧客の願いを叶えるために専門的な意見や提案を行いますが、「自分の言う通りにして」と強要する自己中心的な客とは信頼関係を構築するのが難しいのです。
このようなお客様の要求に応じたとしても、仕上がりに対して不満を持つ可能性が高くなります。

美容師は互いに尊重し合う関係を望んでおり、技術提供の対価として料金を頂戴しています。
つまり、顧客と美容師(美容院)は対等な関係にあるべきです。
しかし、この関係を誤解し「顧客は神様」という態度を取るお客様は、
美容師にとって好ましい存在ではありません。
美容院で困るお客様の行動パターンと対処法の事例
よく遅刻やドタキャンを繰り返すお客様に関して話します。
時には誰もが遅刻や急なキャンセルの必要に迫られることがあります。
例えば、交通事故に巻き込まれたり、家族が急病になったりするケースは仕方がないことです。
このような時は、連絡を取り合って対処法を検討できます。

しかし、このような行動が常態化すると、美容師にとっては大きな問題です。
予約のキャンセルは時間と収益の損失を招き、遅刻は他の顧客にも影響を及ぼします。
このような習慣を持つ客は、美容院側からあまり歓迎されません。

また、美容院のルールを守らないお客様も問題です。
予約が必要な店に、事前の予約なしに訪れるお客様がこれに当たります。
最初の訪問でルールを知らなかったとしても、繰り返し予約せずに来店するのは望ましくありません

美容師として、本当に困ったお客様には、明確な対応を取ります。
例えば、何度も遅刻する客には次回から予約をキャンセルすることを通告、頻繁にドタキャンする客にはこれ以上の予約を受け付けない、ルールを守れない客には今後の来店を断るなどです。
こうした対処は珍しいことですが、必要な場合には実行されます。

 

美容院での望ましくないお客様の傾向と美容師の取る態度

忙しい店舗では、アシスタントが初期段階の作業を担当し、最後の仕上げでスタイリストが登場することもあります。

会話を控えめにして素早く対応

望まないお客様には、極力会話を控える傾向があります。
話題が出されても、簡潔に答え、集中して早めに作業を終えるよう心掛けます。
このタイプのお客様に対しては、仕上げ作業も簡素になることがありますが、
プロとしての自尊心から質を下げることはありません。

 

「美容院に来ないで」というサインの真意

美容院側からの「来るな」というサインはまれです。
感じたとしても、誤解の可能性が高いです。
不快な経験をした場合は、別の美容院を探すことをお勧めします。
顧客と美容師の相性は重要で、美容院はたくさんあるため、他の店を試すのも良いでしょう。

誕生日クーポンの発送について

誕生日クーポンが届かないことを「来るな」と解釈することがありますが、これは必ずしもそうとは限りません。
発送しない理由は、経営戦略や単純なミスなど様々です。
気に入った店なら、クーポンがなくても引き続き利用してみても良いでしょう。

心配する必要のない顧客

「美容院に来てほしくない」と思われているかもしれないと心配するお客様もいますが、多くの美容師はそう思うことはあまりありません。

アシスタントへの業務委託

もしアシスタントがいたら、望ましくない客にはできるだけ施術を避けるかもしれません。
ですが忙しい店舗では、アシスタントが初期段階の作業を担当し、最後の仕上げでスタイリストが登場することもよくあります。

会話を控えめにして素早く対応

望まないお客様には、極力会話を控える傾向があります。
話題が出されても、簡潔に答え、集中して早めに作業を終えるよう心掛けます。
このタイプのお客様に対しては、仕上げ作業も簡素になることがありますが、プロとしての自尊心から質を下げることはありません。

年に数回しか来ないお客さんに対する考え

たとえ年に一度や半年に一度の来店であっても、「来るな」とは考えません。
むしろ、限られた機会に当店を選んでくださることに、美容師として感謝の気持ちを抱く場合が多いです。

施術しにくい服装をしているお客さんへ

施術がしにくい服装をされているお客さんがいても、「来店して欲しくない」とは思いません。
お客さんが施術に適した服装を気にする必要はありません。

会話が弾まないお客様へ

会話が弾まないお客さんも大歓迎です。
実は、会話をすること自体が疲れることもあります。
お客さんが静かに過ごしたい場合は、それも全く問題ありません。

ファッションに関する見解

お客様のファッションがどうであれ、来店を望むかどうかは関係ありません。
美容師として、お客さんのファッションを判断することは不適切です。
個々の美的感覚は人それぞれで、ファッションは自分が楽しむためのものです。

容姿に基づく来店希望の考え

美容師として、お客さんの容姿が理由で来店してほしいとか、そうでないとかは考えません。
お客さんの外見に関わらず、どなたでも歓迎する傾向です。

割引クーポンを利用して来るお客さんへ

割引クーポンを利用して来店するお客さんに対しても、「来て欲しくない」とは思いません。
割引クーポンはお客様に利用してもらうためのものですから、それを利用することは当然です。
初回はお試しで価格設定を抑えられている場合が多く、固定客獲得のための販促の一環として
捉えるかたちで良いでしょう。

当日予約するお客様へ

当日予約をするお客さんについても、問題なく歓迎しています。
ただし、当日予約に関して、たとえば予約受付ギリギリに滑り込みで急に予約したりする場合は
「今から入った・・・」というニュアンスで捉えられることもあります。また、お断りされるケースもありそうです。ネットで予約なら当日予約OKで探すと嫌煙される可能性は低い点もあります。
なぜならお店側は、予約を取りたくなければ予約を入れられないように設定変更することが可能だからです。

美容院で対応に苦労するものの、歓迎するお客様の特徴

美容院を訪れるお客様の中には、時折、対応に苦労することがある方もいらっしゃいます。
しかし、それだけで来店を望まないわけではありません。
ここで、少し手間がかかるものの、歓迎するお客様の特徴を紹介します。

細かい注文をする神経質なお客様へ

例えば、カラーの地肌への染まり具合や分け目の位置、もみあげの長さなど、
細かい注文がある場合、正直手間はかかります。
しかし、礼儀正しい姿勢で来店される方であれば、歓迎します。

じっとしていられないお客様へ

大人のお客様で、頻繁に動かれると、カットが難しくなりますが、
子供は仕方がないこともあります。
大人の場合は、静かにしていただけると作業がしやすくなります。

途中で希望を変えるお客様へ

スタイルに関して「耳を隠して」と始めて「最終的には耳を出して」と変更を求めるお客様は、
カットの流れを変えなければならず、対応が難しくなります。

お任せスタイルに最後に不満を述べるお客様へ

お任せでスタイリングして、最後に不満を言われると、やり直しになることが多くなります。
要望がある場合は、初めにお伝えいただくと助かります。

衛生面で問題のあるお客様へ

長期間髪を洗わずに来店されるなど、衛生面で問題がある場合は困りますが、
それでも来店を拒否することはありません。

声量が極端なお客様へ

声が大きすぎたり、逆に小さすぎたりすると、他のお客様への配慮や要望の聞き取りが難しくなります。

セルフカラーを施したお客様へ

自分でカラーをしたお客様は、技術的な困難が伴うことがありますが、きちんとアドバイスしながら
次回も来店を歓迎しています。

セルフカットを施したお客様へ

自分でカットをしたお客様の場合も、技術的な困難が伴うことがありますが、きちんとアドバイスをしながら
次回も来店を歓迎しています。

理想が高く、節約を望むお客様へ

ハイレベルなヘアスタイルを希望しつつ、費用にはあまりかけたくないというお客様は、
対応に苦労することがあります。例えば、髪のダメージが激しい場合には適切なケアが必要ですが、
そのための費用を惜しむと改善が難しい場合もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次